介護保険改修工事のご案内

介護保険住宅改修工事

補助金概要

在宅での生活に支障がないように、手すりの取付け等特定の住宅改修を行った場合に、一定の限度額内において、かかった費用の9割が介護保険の給付費として、保険者(お住まいの市町村)から払い戻されます。
工事を検討する際に、保険給付の対象となるかどうか、担当のケアマネージャーか市町村の介護保険窓口へ確認が必要です。


<注意点>

  • ・介護保険の被保険者で、要支援または要介護認定を受けていること
  • ・支給は原則1回限りで限度額20万円(保険給付18万円、自己負担額2万円)
  • ・改修する住宅の住所が被保険者証の住所と同一で、本人が実際に居住していること
  • ・事前申請が必要(工事着手後の申請は認められない)

<対象となる住宅改修>

  • ・手すりの取付け
  • ・床の段差解消
  • ・滑りの防止及び移動の円滑化等のための床または通路面の材料の変更
  • ・引き戸等への扉の取替え
  • ・洋式便器等への便器の取替え
  • ・その他上記の住宅改修に付帯して必要となる住宅改修
  • 上記は一例です。まずはお問い合わせ下さい。


公式サイト

詳しくは各市町村のホームページをご参照下さい。

・各市町村の介護保険問合せ窓口一覧はこちら(別窓で開きます)

・長崎市の公式ページはこちら(別窓で開きます)

・時津町の公式ページはこちら(別窓で開きます)

一番上に戻る

Copyright(c) 2014 Nagasaki interior. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com